個人輸入に関して

個人が自分で使用するために、海外から処方箋薬を個人輸入することは、1ヶ月分以内の用量であれば法律で認められています。しかし他人への販売・授与をしたり、他の人の分をまとめて輸入したりすることはできません。また会社名義で購入することも「個人輸入」として認められていませんので、ご注意ください。
このサイトで扱っている医薬品は、主に医者の処方箋がいる処方箋薬です。医者さんとよく相談し、その必要性を十分に検討してから、医薬品の個人輸入代行を申し込んでください。
また医薬品が到着したあと、医者や薬剤師の指導の元に服用してください。
個人で海外から医薬品を輸入し、使用することは、すべて自己責任であることを認識していただきたいです。万が一事故にあたったとしても、同社には責任を負いかねませんので、予めご了承ください。
詳しい情報は以下のサイドまで:
  <医薬品や化粧品などの個人輸入について>
  <医薬品の個人輸入に関する注意喚起について>
あくまでも税関での判断になりますが、個人で輸入した商品の金額が約¥15,000以上のものになってくると、関税や消費税などの税金が課せられる場合があります。
もし関税が掛かった場合、通常は品配達時に請求されますので、商品と引き換えに配達員へお支払頂く事になります。
もし商品の代わりに「国際郵便物課税通知書」が届いた場合、課税通知書に指定された郵便局へ行き、郵便局の取扱い手数料を一緒に窓口で納付すれば、その場で 品物を受け取ることができます。
また税関から「外国から到着した郵便物の税関手続のお知らせ」という「はがき」が送られてくることもあります。この場合には「はがき」で求められた書類を、その「はがき」に記載された税関へ郵送または持参するか、電話で連絡する必要があります。税関ではそれらの書類と品物を照らし合わせて価格などを確認しますが、問題がなければ先に説明した方法で品物を受け取ることができます。
いずれにしても課税額はお客様のご負担になりますことをご了承ください。
詳しい情報は以下のサイドまで:
  <EMS郵便物受取の流れ>
  <個人輸入通関>
医薬品メーカーは、流通コストを下げるなどの原因で、現地で医薬品を生産することは珍しくありません。たとえばバイアグラを生産するファイザー社は、米国本土のほかに、スイス、オーストラリアなどにも工場があります。
ドラッグ・エクスプレスが取り扱っている医薬品は、すべて世界有名の医薬品メーカーが台湾で正式発売している医薬品です。メーカーの世界戦略により、各地域で発売している商品の容量、包装、錠剤の形に多少違いがありますが、同じ商品なら成分や製造過程が全く同じのはずです(*1)。
また台湾での法律規制により、箱には中国語の表示があり、中国語の説明書も付いています(英語や日本語の説明書が付いている場合もあります)(*2)。
日本メーカーが台湾で医薬品を生産することについて、もっと詳しい説明は以下を参考にしてください。

<台湾で日本の医薬品を生産することについて>
*1 ただ、実物を確認してみないと確かに同じ薬品ですとは言い切れません。薬物は毒物でるため、実際に服用するときには、成分、内容量、規格を確認した上、医者や薬剤師の指導の下で服用してください。もし疑問があるなら、購入と服用をやめたほうが良いと思います。
*2 日本人にとって、中国語の説明書は、訳わかない英語の説明書より分かりやすいと思います。同じ漢字圏ですし、医薬専門用語は日本の和訳をそのまま使っている場合が多いからです。
メール返信定休日

2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
赤の日は出荷とメール返信をお休みさせて頂きます。
ショッピングカート
カートは空です...
ログイン
ゲストさん、いらっしゃいませ。便利な会員機能を利用するにはログインしてください。
会員登録するとお買い物ごとにポイントがたまったり、便利な機能がお使いいただけます。今すぐ会員登録する(無料)